月: 2021年6月

時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん(ラノベレビュー・感想) 学園ラブコメ

時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん(ラノベレビュー・感想)

クールで人を寄せ付けない超絶美少女ロシア人のヒロインが隣の席にいる不真面目主人公に恋をして、主人公に伝わらないと思って、要所要所でロシア語でデレた発言をする学園ラブコメ 重版による重版がされている人気作で、近々発売される2巻の発行部数がスニーカー文庫の金字塔「ハルヒ」の発行部数と並ぶという、スニーカ…
西野 ~学内カースト最下位にして異能世界最強の少年~ 11巻(ラノベレビュー・感想) 学園ラブコメ

西野 ~学内カースト最下位にして異能世界最強の少年~ 11巻(ラノベレビュー・感想)

正真正銘フツメンで学園カースト最底辺の主人公が顔面偏差値と釣り合わない言動で、周囲の人間をイラつかせながらも、顔面以外のラノベ主人公スペックであらゆる問題を解決し、甘酸っぱい学園生活を目指す、学園ラブコメ、西野の11巻 10巻を経過してようやく委員長が主人公に惚れるという大事件で幕を閉じ、今巻では委…
何故か学校一の美少女が休み時間の度に、ぼっちの俺に話しかけてくるんだが?5巻(ラノベレビュー・感想) 学園ラブコメ

何故か学校一の美少女が休み時間の度に、ぼっちの俺に話しかけてくるんだが?5巻(ラノベレビュー・感想)

ラノベオタクでぼっちコミュ障の主人公が、学校一の美少女で隠れラノベオタクだったヒロインに惚れられたことがきっかけで周囲周囲の美女から何故かモテまくる、学園ラブコメの5巻 この作品の大きな特徴して、登場キャラの台詞と心の声だけで文章が構成されており、地の文がないという非常に珍しい作品 そのため、主人公…
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。14.5巻(ラノベレビュー・感想) 学園ラブコメ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。14.5巻(ラノベレビュー・感想)

昨年完結した、捻くれ主人公と拗らせヒロインとの学園ラブコメ、俺ガイルの最新刊 14巻で物語は完結し、14.5巻と銘打たれていることから予想できるとおり、その後の後日談となる主人公達が3年生になる頃の話がメインとなる短編集となっている 表紙は、小町といろはすが描かれていることもあり、本編ではあまり絡み…
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(ラノベレビュー・感想) アニメ化作品

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(ラノベレビュー・感想)

超絶捻くれた性格の陰キャボッチ主人公が、同じく拗らせた捻くれ超美少女ヒロインと奉仕部なるお悩み相談活動を通し、様々な悩みや問題を解決しながら学園生活を送っていく学園ラブコメ、通称「俺ガイル」 人気有名ラノベでアニメも3期放送され、完結まで約10年かかっており、この記事を書くうえで久々に1巻の表紙を見…
ひげを剃る。そして女子高生を拾う。5巻(ラノベレビュー・感想) アニメ化作品

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。5巻(ラノベレビュー・感想)

社畜の主人公が家出女子高生を拾って同棲し、美少女ヒロインの誘惑にも負けず一切手を出さずに家族生活を続けていく過程でお互いに好きあっていく、JK同棲系ラノベの最終巻 社会人のおっさんが女子高生と同棲するラブコメの走りともいえるこの作品、最近アニメ化もされアニメが放送された途端このブログでも同作品のレビ…
本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません26巻~第五部「女神の化身V」(ラノベレビュー・感想) アニメ化作品

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません26巻~第五部「女神の化身V」(ラノベレビュー・感想)

本好きの主人公が死んで異世界転生し、転生先で知識チートを使って本を作っていく過程で何故かどんどん成り上がっていってしまう、長編異世界転生ラノベの26巻 前巻では甘ったれヴィルフリートがスネまくり、ハルムートの婚約者であり、ローゼマインキチガイ仲間のクラリッサの突然の来襲といった身内のゴタゴタに巻き込…
ぼくたちのリメイクVer.β 3巻(ラノベ感想・レビュー) アニメ化作品

ぼくたちのリメイクVer.β 3巻(ラノベ感想・レビュー)

倒産したブラックゲーム企業に就職し人生に絶望していた主人公が、10年前の大学時代に戻り人生をやり直して一流クリエイターを目指す、タイムリープ制作系ラノベ、ぼくリメの外伝の3巻 本編がいいところで終わり、続きが気になっていところでの外伝発売は正直肩透かしだったのだが、さらに以外だったのは、外伝はこの3…